政府が7日、東京都に新型コロナウイルスの緊急事態宣言を出す方針を固めたことで、23日開幕の東京五輪は原則無観客で開催される公算が大きくなった。政府高官は同日、都内は無観客の流れになると述べた。政府、都、大会組織委員会などによる5者協議を近く開催し、無観客とする会場の範囲などについて最終決定する見通し。

 都内会場は観客受け入れを断念する方向で調整に入るとみられ、会場がある都外の自治体の対応が焦点となる。

 緊急事態宣言中も現行の政府の方針に基づけば5千人まで観客を入れることは可能だが、都内の感染者数が増えており、全面的に無観客にすべきだとの声が強まりそうだ。