大相撲名古屋場所4日目(7日・ドルフィンズアリーナ)進退が懸かる横綱白鵬は隆の勝を逆転の突き落としで下して4連勝とした。綱とりの大関照ノ富士も苦戦しながら大栄翔を寄り切って無敗を守った。

 大関正代は新小結若隆景に押し出され、2連敗で2勝2敗となった。3日目から途中出場の関脇高安は遠藤をはたき込んで2連勝とし、星を五分に戻した。関脇御嶽海は翔猿を押し出して3勝目を挙げた。

 全勝は白鵬、照ノ富士と平幕玉鷲の3人。