「ゴジラ」「ウルトラマン」シリーズを生み“特撮の神様”と呼ばれた監督・円谷英二(1901~70年)が撮影カメラマンとして参加したトーキー映画「かぐや姫」の短縮版フィルムが、約85年ぶりに英国で見つかり、国立映画アーカイブ(東京)が7日、招待客ら向けに上映した。

 同アーカイブが開く「生誕120年 円谷英二展」の一環として9月4、5日に一般公開する。

 同作は1935年に日本で公開された75分の作品。かぐや姫が育ての親の息子と結ばれるまでを描いた。

 36年、作品を英国へ輸出する際、33分に再編集した短縮版が作られた。発見されたのは短縮版を複製した物とみられる。