元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(67)の役員報酬を過少に記載したとして、金融商品取引法違反罪に問われた元代表取締役グレゴリー・ケリー被告(64)の公判が7日、東京地裁で開かれた。法人として起訴された日産の内田誠社長(54)が出廷し、起訴内容を認めた上で「元会長に権限が集中していたことが事件の原因の一つだ」と述べた。

 「多大な迷惑をかけ、大変申し訳ない」と事件を陳謝し、ゴーン元会長に対しては「長年会社に貢献したと言えど、許せない気持ちでいっぱいだ」と批判。当時の社内状況を振り返り「報酬の基準や運用について役員に説明されることはなかった」と話した。