厚生労働省は7日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、8月2日からの2週間と、同16日からの2週間に、全国に追加配送する各約8千箱(約936万回分)の市区町村別の割当数を発表した。

 国は、実務を担う自治体が接種計画を立てやすいよう、2週間ごとの配送量を示した「基本配分計画」を示している。8月2日からと、同16日からの期間については各1万箱程度を配送できる見通しを示しており、今回はこのうちの12~64歳の人口を踏まえて割り当てる各約8千箱の内訳を公表した。

 ただし、在庫が余っている市区町村については、配分量を1割削減するとした。