東京都は7日、新型コロナウイルスの感染者が新たに920人報告されたと発表した。900人超は5月13日の1010人以来。前週水曜の先月30日から206人増え、前週の同じ曜日を上回るのは18日連続となった。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は631・7人となり、前週比は124・3%。50代女性2人と70代男性の計3人の死亡も確認された。

 都の担当者は、直近7日間平均の感染者数が「前回の緊急事態宣言が発令される直前の4月第3週の水準になった」と説明。インドで最初に確認された「デルタ株」も増加しており、急激な再拡大が懸念されるとした。