内閣府が7日発表した5月の景気動向指数(2015年=100、速報値)は、景気の現状を示す「一致指数」が前月比2・6ポイント下落の92・7となり、3カ月ぶりに悪化した。基調判断は「改善」で据え置いた。

 世界的な半導体不足の影響で自動車の生産や出荷が落ち込み、部品などの関連産業にも影響が波及した。東京や大阪などへの3度目の緊急事態宣言による消費低迷も響いた。

 数カ月先の景気を映す「先行指数」は、前月比1・2ポイント下落の102・6となり、12カ月ぶりに悪化した。