自民党の中谷元・元防衛相は7日の谷垣グループ会合で、不調に終わった東京都議選を踏まえ、次期衆院選後に小池百合子都知事との連携強化を検討すべきだとの考えを示した。「政局の安定のため、衆院選後に『小池新党』との保守合同を真剣に検討すべきではないか」と語った。

 小池氏が特別顧問を務める「都民ファーストの会」の動向が衆院選に大きな影響を与えるとの認識も示した。

 記者団の取材に、都政は自民、公明両党と都民ファの枠組みがつくられると指摘。「国政でも都民ファが政権与党に協力してくれる可能性がある。連携を模索すべきだ」と話した。