東京五輪で来日する選手らに限り、成田空港で新型コロナウイルスの検査結果が出る前に入国手続きを済ませ、空港内の待機施設で結果を通知する措置が7日から始まったことが、関係者への取材で分かった。

 選手らはこれまで、一般旅客と同様に空港の検疫で陰性と確認されてから手続きをしていた。海外選手らの入国は今後ピークを迎える見通しで、検査などに伴う混雑を緩和し、結果通知までの時間を短縮するのが狙いだが、陰性と確認しない段階で手続きをすることになり、水際対策に対する不安の声が高まる可能性もある。