政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は7日の衆院厚生労働委員会で、現在の感染状況では医療逼迫の恐れがあると指摘した。東京五輪・パラリンピック開催を目前に控え危機感を示した形で、大会の感染対策に実効性向上も求めた。立憲民主党の枝野幸男代表は五輪に関し「まだ中止や延期は可能だと思っている」と述べた。

 山本博司内閣府副大臣はコロナワクチンの職場接種について、申請を受け付けたものの承認が済んでいない会場の接種開始は8月9日以降になるとの見通しを示した。

 尾身氏は感染拡大を抑えるため、五輪は「無観客が望ましい。大会関係者も最小限にすることが重要」とした。