政府は7日、サイバーセキュリティ戦略本部(本部長・加藤勝信官房長官)の会合を首相官邸で開き、今後3年間の「次期サイバーセキュリティ戦略」案を策定した。中国やロシアなどによるサイバー攻撃を念頭に、安全保障上のサイバー抑止力向上を図るのが柱。パブリックコメント(意見公募)を実施した上で、9月にも新戦略として正式に閣議決定する。

 加藤氏は会合で「安保上の利益を守るため、防御、抑止、状況把握の能力を向上させ、関係機関との連携強化を図ってほしい」と指示。東京五輪・パラリンピック期間中にサイバー空間で異常を探知した場合は、速やかに対処するよう要請した。