【ジャカルタ共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)とロシアは6日、オンラインで外相会議を開いた。中国が新型コロナウイルスワクチンの大量供与による「ワクチン外交」でASEANへの影響力を強める中、ロシア製ワクチンの各国への提供や共同生産について協議。ASEANとロシアの関係強化を確認した。

 ロシアのラブロフ外相はインドネシアを訪問中で、ジャカルタからインドネシアのルトノ外相と共に出席。今年10月のロシアASEAN首脳会議開催を提案し、了承された。

 インドネシア外務省によると、ルトノ氏は「ASEANとロシアはさらに協力しなければならない」と強調した。