天皇陛下は6日午後、住まいの赤坂御所で、1回目の新型コロナウイルスのワクチン接種を受けられた。宮内庁が同日、発表した。接種後の体調に異常はないという。

 宮内庁の池田憲治次長は接種のタイミングについて、一般の国民などへの接種が進んでいる状況を踏まえて、陛下に相談をしたと説明した。

 同庁は皇室のワクチン接種について、一般国民より早く受けることはせず、国民と同様に対応する方針を示していた。公表予定はないとしていたが、陛下については「象徴としての地位」にあることから、陛下の了解を得て公表したという。皇后さまら他の皇族の接種は公表しない方針。