山口県警岩国署は6日、日本酒「獺祭」を製造する岩国市の旭酒造で5日、同社社員の久行渓太さん(24)=岩国市周東町=が酒の醸造に使う重さ410キロのタンクの下敷きになって死亡したと明らかにした。

 岩国署や同社によると、久行さんは1人でトラックの荷台から移動式のタンクを下ろす作業をしていた5日午後4時50分ごろ、何らかの原因で落下したタンクの下敷きになった。搬送先の病院で死亡が確認された。

 タンクは円柱型の金属製で、直径115センチ、高さ147センチ。署は事故が起きた状況を調べている。旭酒造の担当者は「再発防止、原因究明を進めていく」と話した。