加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、米モデルナ社から新型コロナウイルスワクチンの供給を6月末までに受けた量について、契約した4千万回分に達せず、1370万回分にとどまったと明らかにした。国内の薬事承認が5月下旬になった影響を理由に挙げた。

 政府は、モデルナ社と9月末までに計5千万回分の供給を受ける契約を結んでいる。加藤氏は「契約に何ら変更はない」と述べ、残りの3630万回分は9月末までに輸入されるとの見通しを示した。