東京五輪・パラリンピック組織委員会と北海道、札幌市は6日、同市内で実務者会議を開き、8月に札幌市で開催する五輪のマラソンと競歩の沿道での応援自粛を要請すると発表した。新型コロナウイルスの感染リスク低減が必要と判断した。

 札幌市では5月、沿道での応援自粛を呼び掛けた上で、五輪のマラソンコースを使ったテスト大会が行われた。その際、立ち入り禁止エリアを設けても見物客が集まりやすかったスタート、ゴール付近を本番でも規制するほか、テスト大会では約700人だった自粛を呼び掛けるスタッフを約2千人に増やすという。