日本ハムは6日、大腸がんのため6月30日に死去した元監督の大島康徳さんへ哀悼の意を表すため、北海道旭川市のスタルヒン球場で行われた西武戦に喪章をつけて臨んだ。試合前には両チームの選手らがベンチ前で整列して黙とうした。

 大島さんは現役時代に中日、日本ハムで活躍。日本ハムの栗山英樹監督は「(大島さんに)何とか喜んでもらえるように頑張らなきゃいけない」と話した。