新型コロナウイルスワクチンの住民接種で、予約受け付けを停止(制限を含む)した自治体が、少なくとも67市区町に上ることが6日、共同通信のまとめで分かった。国によるワクチン供給が7月から減少することが要因。奈良市や宮崎県日南市など再開のめどが立たないとする地域もあり、影響はさらに拡大する可能性もある。

 ワクチン供給不足で接種事業が中断される事態の多発につながった形だ。東京五輪・パラリンピック開催に向け、ワクチンを切り札としてきた菅義偉首相の政権運営にも影響が出かねない。

 予約受け付けの一時停止や、予約延期を決めたのは、北海道小樽市や仙台市、群馬県安中市など。