新型コロナウイルス禍が続く中、23日に開幕する東京五輪の日本選手団の結団式が6日、東京都内で行われ、2018年ジャカルタ・アジア大会に続いて主将を務める陸上男子短距離の山県亮太(29)が「代表選手に選ばれたことに誇りを持ち、自覚と責任を持って大会に挑みます」と決意表明した。

 式典会場には、選手団の福井烈団長や副主将で卓球女子の石川佳純(28)ら6人のみが入り、多くの選手はオンラインで参加する異例の形式となった。秋篠宮さまもオンラインで出席された。旗手でレスリング女子の須崎優衣(22)は、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長から団旗を受け取った。