立憲民主党の新型コロナウイルス対策本部は6日、東京五輪・パラリンピックの検疫態勢を巡り羽田空港を視察した。長妻昭副代表は記者団に、濃厚接触者の可能性がある五輪関係者が一般客と同じトイレや売店を使えると指摘。「こんなざるでは心配でたまらない。徹底的に追及して改善したい」と強調した。

 視察には約10人が参加。五輪関係者の動線などを確認後、検疫担当者らにヒアリングした。長妻氏は、陽性者が出てから濃厚接触者を確定して行動を制限するまでの過程が曖昧だとも批判した。

 視察を踏まえ、7日の衆院厚生労働委員会の閉会中審査では枝野幸男代表が質問に立つ。