住友金属鉱山は6日、電気自動車(EV)など車載向け電池の材料を増産するため、400億円を投じて愛媛県新居浜市に新工場を建設すると発表した。播磨事業所(兵庫県播磨町)の設備も70億円かけて増強する。いずれも2025年の完成を計画している。自動車の電動化に伴う需要拡大に対応する。

 住友金属鉱山は充電して繰り返し使える「2次電池」の正極材で世界有数のシェアを持つ。今回の投資で正極材の生産能力は現在の約1・4倍の月7千トンとなる。27年までに生産量月1万トンを目指している。

 新工場は新居浜市の磯浦工場の近隣に建てる。