河野太郎行政改革担当相は6日、東京都内で講演し、感染症の大規模なワクチン接種方法の見直しを新型コロナウイルス収束後に検討する必要があるとの認識を示した。「オペレーションを平時と非常時で切り替えるべきだ。真剣に考えないといけない」と述べた。

 予防接種法に基づいて会場設営や医師の手配などを自治体に委ねる仕組みに関し「非常時に、本当にこれで良かったのか考えないといけないと痛切に感じた」と指摘。諸外国に比べて時間がかかるとされるワクチン承認の在り方とともに、改善を図るべきだとした。