大阪府の吉村洋文知事は6日、11日に期限を迎える新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置について、7日に対策本部会議を開いて政府に延長を要請するかどうかを決めると表明した。まん延防止措置が解除された場合も、感染再拡大を防ぐため、飲食店への営業時間短縮要請など「一定の制限が必要だ」と府庁で記者団に語った。

 吉村氏は、今後の対策について、人口規模の大きい大阪市の松井一郎市長と協議していると述べた。「高齢者の命を守る観点からはワクチンが非常に重要」とも指摘し、高齢者の2回目接種がほぼ完了する7月末が対策を打つ上で一つの節目になるとの認識を示した。