国土地理院は6日までに、静岡県熱海市伊豆山で発生した大規模土石流の範囲を示した分布図を作製し、ホームページで公開した。土砂が流出して山肌が見えたり土砂に覆われたりした範囲は、長さ約2キロ、幅最大160メートルに及ぶ。

 分布図では土石流が起きた逢初川周辺を赤く示している。地理院は中部地方整備局や静岡県のドローンの映像、地理院の航空写真を基に範囲を特定した。雲などの影響で判断できなかった約700メートルの区間は、土砂が流れた経路を推定して点線で示した。

 地理院によると、土石流の起点は標高約400メートルにある岩戸山の中腹で、火山が浸食されてできた急な斜面。