エーザイは6日、肩こりや腰痛などの一般用医薬品(大衆薬)「ナボリンS」の一部を自主回収すると発表した。対象製品は約140万個。有効成分の含量が厚生労働省が定めた承認規格を下回っている可能性があるためで、重大な健康被害が発生する恐れはないと説明している。

 ナボリンSは、筋肉疲労に効果があるとされるビタミン成分を含んだ錠剤。社内試験の結果、ビタミン成分の一つである「メコバラミン」が承認規格を満たしていない可能性があると判明した。これまでに健康被害の報告はないという。

 問い合わせは無料通話の「交換・回収受付窓口」、電話(0120)831305。