米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て海域に生息するサンゴを巡り、農相が移植を許可するよう指示したのは違法だとして、県が取り消しを求めた訴訟の判決で、最高裁第3小法廷(林道晴裁判長)は6日、県の上告を棄却した。県敗訴とした福岡高裁那覇支部判決が確定した。裁判官5人中2人は反対した。

 加藤勝信官房長官は6日の記者会見で「辺野古移設が唯一の解決策であり、この方針に基づいて着実に工事を進めていく」と述べた。玉城デニー知事は記者会見で「対応を検討する」としつつ、反対意見については「画期的だ」と述べた。