リクルートホールディングス(HD)は人材関連事業でデジタル化を進め、地方を含めた雇用の活性化に取り組む。企業にオンライン面接の導入を促し、採用活動の効率化を図る。出木場久征社長(46)が6日までに共同通信のインタビューに応じ「地方でもさまざまな仕事ができるようになる」と語った。

 リクルートHDは2012年、出木場氏が主導して米求人情報サイト「インディード」を買収した。米国や欧州では既に面接などの選考過程をオンライン化したサービスを提供している。

 リクルートHDは今春、国内のインディードでもオンライン面接のサービスを始めた。