河野太郎行政改革担当相は6日の記者会見で、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、7~9月末までの間は2週間ごとに1万箱(1170万回分)を全国に配送すると発表した。「市区町村で、先々の見通しを持った接種計画を立てられるようになる」と述べた。自治体ごとの内訳には言及しなかった。

 企業・大学による職場接種などに使用する米モデルナ製は、6月末までに1370万回分を輸入したと表明。モデルナ社とは9月末までに5千万回分の供給契約を結んでおり、残りの3630万回分は7~9月末に順次、輸入されるとの見通しを示した。