新型コロナウイルスワクチンの接種回数が5千万回を超えたことが6日、政府の集計で分かった。5日までの一般接種と医療従事者向け接種を合わせて5087万回となった。少なくとも1回接種を受けた人は3255万人。

 集計によると、一般接種は3976万回行われ、このうち65歳以上の高齢者が3672万回。医療従事者ら向け接種は1110万回となった。