6日午前10時半ごろ、東海道新幹線の小田原―熱海間で、小規模な土石流が発生する恐れがあると消防からJR東海に連絡があった。線路設備を確認中の係員が非常停止ボタンを押したため、上下線で運転を見合わせた。安全確認ができたとして、約1時間後に運転を再開した。

 JR東海によると、線路への土砂の流入は確認されていない。影響で同区間を走行する上下線の列車に遅れが発生した。