法人税と消費税計約8900万円を脱税したとして、東京国税局査察部が法人税法違反などの疑いで医療関連会社「パシフィックグローブ」(東京都品川区)と難波龍三社長(56)、知人で別の会社の渡部剛役員(40)を東京地検に告発したことが6日、関係者への取材で分かった。告発は6月30日。

 難波社長は取材に「国税局の指摘を受け止め、修正申告の手続きを進めている」と文書で回答した。

 関係者によると、2人は共謀し、パシフィック社の元役員が死亡した際、同社が受け取り先の保険金を適正に申告せず、架空の広告宣伝費などを渡部役員の関係先に支払ったように装った疑いが持たれている。