静岡県熱海市伊豆山の大規模土石流で、県警や消防、自衛隊などは6日、被災地域で泥に埋まった家屋の捜索やがれき除去などの作業を約1100人態勢で続行した。発生から4日目。被災者の生存率が急激に下がるとされる「発生後72時間」を迎え、生存者発見に全力を挙げた。熱海市の斉藤栄市長は記者会見で「72時間は一つの節目。一人でも多くの救出を願っている」と述べた。

 一方、熱海市は所在不明とされた64人のうち41人の生存が確認されたと明らかにした。本人らから連絡があったという。一方、1人を新たに追加した。また県は新たに5人の所在不明者の氏名を公表。不明は計29人となった。