【北京、パリ共同】中国の習近平国家主席は5日、フランス、ドイツの首脳とオンラインで会談し「欧州が国際的な取り組みで戦略的な自主性を保つよう望む」と強調、対中強硬姿勢の米国に追随しないようけん制した。バイデン米大統領が6月に欧州を歴訪し各国と連携を強化したばかり。習氏は米欧の結束に揺さぶりを掛ける狙いだ。

 仏独首脳は中国の人権状況に重大な懸念を表明した。中国政府によると、習氏は「自国の主権、安全、発展の利益は断固として守る」として香港や新疆ウイグル自治区を巡る人権問題などへの干渉は受け入れない姿勢を示した。