共産党は東京都議選で立憲民主党との連携が奏功したとして、次期衆院選の共闘態勢構築に向けた協議の進展に期待を寄せた。共産の志位和夫委員長は5日、東京都内で街頭演説し「都議選で立民と候補者調整し、自民党を追い詰めた。衆院選も共闘を成功させ、野党連合政権をつくる」と訴えた。ただ野党連合政権構想に対する立民側の警戒は根強く、思惑通り進むかどうか見通せない。

 共産の小池晃書記局長は記者会見で「衆院選に向けた話し合いを始めたい」と語った。一方、立民の枝野幸男代表はこれまでに共産との連立政権を否定。接戦区での候補者一本化が最優先課題だ。