大手ジェネリック(後発薬)医薬品メーカー「日医工」(富山市)は5日、新型コロナウイルス感染症の治療効果が見込まれていた「カモスタットメシル酸塩」について、臨床試験(治験)の結果、有効性が確認できなかったと発表した。

 治験は米国の子会社が実施。主要評価項目の「入院率」と「死亡率」の改善に効果が見られなかったことなどから、新型コロナ治療薬としての開発中止を決めた。