財務省が5日発表した国の2020年度一般会計決算は、消費税収が前年度比14・3%増の20兆9714億円だった。所得税を抜き、初めて税収が最大になった。19年10月に税率を8%から10%に引き上げた効果が年間を通じて表れ、初めて20兆円を突破した。他の税目を合わせた税収全体は4・1%増の60兆8216億円で、これまで最大だった18年度の60兆3563億円を上回った。

 消費税10%のうち2・2%分は地方消費税で、地方の取り分となる。国の取り分の7・8%分も、約2割は地方交付税に充てられる。消費税収の増加は、社会保障費が膨らむ国と地方の双方に恩恵がありそうだ。