2018年の死刑執行後、法務当局が保管しているオウム真理教松本智津夫元死刑囚=執行時、教祖名麻原彰晃=の遺骨と遺髪について、次女に引き渡すとした東京家裁、東京高裁の判断が確定した。帰属を巡る家事審判の決定で最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)が、四女の特別抗告を棄却し、妻と次男による申し立ても同様に退けた。裁判官5人全員一致の結論で、2日付。

 松本元死刑囚は執行直前、遺骨の引き取り先を問われ、四女を指名したとされる。四女は遺骨の受け入れを表明したものの、次女らが「元死刑囚は当時、意思疎通が難しい状態となっており、特定の人を指定することはあり得ない」と主張。