埼玉県小鹿野町のIT企業経営工藤宏樹さん(36)と、妻で地域おこし協力隊員のエレナさん(32)が5日、人類最古の酒の一つとされる蜂蜜酒(ミード)の醸造所を、町の廃校にある体育館に設立した。専門の醸造所は全国でも珍しいといい、11月の初出荷を目指す。

 蜂蜜に水を加えて酵母で発酵させるミードは、すっきりした甘い味わいが特徴。ロシア・モスクワ出身で、4歳から酒どころの福島県会津若松市で育ったエレナさんが気に入り、自前で造ろうと東京都内から夫婦で小鹿野町に移住した。

 旧町立倉尾中学校体育館を町から借りて1階部分を改装。「ディアレットフィールド醸造所」が完成した。