腰痛のため大相撲名古屋場所を初日から休場した東関脇高安が3日目の6日から出場することが5日、決まった。平幕逸ノ城との対戦が組まれた。

 今場所後の大関復帰を目指したが1日の稽古後に痛みが出て「急性腰痛症」と診断されていた。