プロ野球中日、日本ハムで通算2204安打を放ち、日本ハムの監督を務めた大島康徳さんが6月30日午前、大腸がんのため死去した。70歳。

 2017年2月に自身のブログで大腸がんにかかったことを明らかにし、解説者などの仕事を続けながら闘病の様子を記していた。

 大分・中津工高(現中津東高)から1969年、ドラフト3位で中日に入団した。長打力を生かして活躍し、74、82年のリーグ優勝に貢献。76年はシーズン代打本塁打7のプロ野球記録を樹立した。79年はリーグ最多安打を記録し、83年は本塁打王に輝いた。88年から日本ハムに移籍し、90年8月に通算2千安打を達成した。