【ワシントン共同】バイデン米大統領は独立記念日の4日、ホワイトハウスで演説し、新型コロナウイルスの克服は「限りなく近い」と訴えた。ウイルスとの闘いは終わっていないとも強調、ワクチン接種こそが「愛国的」な行動であり、感染力が強い「デルタ株」に備え接種を受けるよう改めて国民に呼び掛けた。

 米国ではワクチン接種完了などを条件にマスク着用が原則不要で、着用者は激減。正常化に向け楽観的な雰囲気が漂う。だが独立記念日までに成人の70%が少なくとも1回のワクチンを接種する目標は未達成で、疾病対策センター(CDC)によると67%。