西日本から東日本の日本海側を中心に5日は大雨になる恐れがあるとして、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。土石流で被害が出た東海では引き続き土砂災害の危険度の高い所があるとしている。

 気象庁によると、梅雨前線が対馬海峡付近から本州を通って日本の東へ延びており、前線上の低気圧が日本海を北東へ進んでいる。暖かく湿った空気が流れ込むため前線の活動が活発となり、5日は大気の状態が不安定になる見込み。

 6日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で九州北部120ミリ、北陸、東海、中国100ミリとしている。