中日が追い付き、引き分けた。0―2の六回に三ツ俣が1号ソロを放ち、1―3の八回はビシエドの13号2ランで同点とした。序盤からリードしたヤクルトは石川が5回無失点と好投して優位に進めたが、4番手の清水が打たれた。