梅雨前線や低気圧の影響で西日本から東日本の日本海側を中心に5日にかけて非常に激しい雨が降りそうだ。東海はこれまでの雨で地盤が緩んで土砂災害の危険度が高い場所があり、気象庁は4日、引き続き土砂災害に厳重警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、6月30日の降り始めからの総降水量は神奈川県箱根町で850ミリ、静岡県御殿場市で570ミリにそれぞれ達した。

 また熱海市の観測点でも430ミリを超えた。地盤が緩んだ場所では、少しの雨や揺れがそれほど大きくない地震でも土砂災害が再び起きる恐れがある。安否が分からない人の捜索や復旧作業には細心の注意が必要だ。