日本プロ選手権最終日(4日・栃木県日光CC=7236ヤード、パー71)3位で出た22歳の金成ヒョン(韓国)が4バーディー、1ボギーの68で回って通算13アンダー、271で優勝した。国内三大大会でツアー初勝利を果たし、5年のシードと賞金2千万円を獲得。

 池田勇太と稲森佑貴は終盤まで競り合って1打差の2位。片山晋呉と小野田享也が通算11アンダーの4位、岩田寛が10アンダーの6位だった。68で回った52歳の深堀圭一郎、今平周吾らが7アンダーの9位。大会2連覇を狙った石川遼は4アンダーの19位だった。