サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は4日、東京五輪に向けた千葉市での合宿を打ち上げた。最終日は千葉・八千代高の男子と試合を行い、1―1だった。男子との実戦を重ね、高倉監督は「クロスの対応や最後の最後でやらせないことに関して、集中力が上がった。いい時間を過ごせた」と総括した。

 試合では、欧米の強豪のように立ち上がりに強いプレスをかけることを相手に依頼。前半は無失点でしのいだ。後半、中盤でボールを奪われて失点したが、遠藤(日テレ東京V)の豪快なロングシュートで追いついた。

 熊谷(バイエルン・ミュンヘン)や田中(INAC神戸)ら5選手は出場しなかった。