白血病から復活して東京五輪代表入りした競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)は3日、相模原市で行われた記録会で非五輪種目の200メートルリレーに五十嵐千尋(T&G)酒井夏海(スウィン美園)大本里佳(ANAイトマン)と組んで出場し、1分39秒82の日本新記録を樹立した。

 第2泳者を務めた池江にとっては病から復帰後初の日本新。2018年11月に100メートル自由形でマークして以来2年8カ月ぶりで「久しぶりに日本記録を更新できてうれしい」と笑った。

 五輪本番へ向けて「リレーを思う存分楽しんで、3年後(のパリ五輪)に気持ちや雰囲気をつなげていけたら」と意気込んだ。