和歌山県白浜町のリゾート宿泊施設「シラハマ キーテラス ホテル シーモア」で、竹に開けた穴の模様をライトで浮かび上がらせる七夕イベントが3日始まった。竹の一部は、町内のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で飼育されているジャイアントパンダの食べ残しを再利用した。

 竹細工の明かりによるイルミネーションなどを手掛ける熊本県南関町の業者と共同して制作。竹を組み合わせて織り姫やひこ星をかたどった作品や、天の川をイメージさせる作品を敷地内に設置し、2日に試験点灯を行った。展示は8月8日まで。一般の人も自由に見学できる。