活発な梅雨前線の影響で3日は東海や関東甲信を中心に非常に激しい雨が降った。静岡県によると、熱海市伊豆山付近で大規模な土砂崩れが発生した。多数の家屋が流されたとみられ、被害を確認している。沼津市では黄瀬川沿いの住宅1戸が流された。住民は無事だった。市内の黄瀬川大橋が折れ曲がったことも確認された。神奈川県逗子市では自動車専用道「横浜横須賀道路」で車1台が土砂崩れに巻き込まれ、男性が救助された。意識はあるという。

 神奈川県平塚市では複数の河川で水位が上昇し、市は改正災害対策基本法に基づく最高ランクの避難情報「緊急安全確保」を全国で初めて発令した。