【ワシントン共同】米連邦取引委員会(FTC)は2日、米半導体大手ブロードコムに違法な独占行為の禁止を命じた上、同社と和解したと発表した。自社の半導体製品を販売する際に、顧客と長期契約を結び、他社製品を購入できないようにしたことを「不法に支配力を維持した」と問題視した。

 ブロードコムは2日、違法行為との指摘には同意しないものの「和解を歓迎し、顧客サポートに引き続き注力したい」との声明を出した。